会社概要

Back to overview
Corporate

多目的X線散乱プラットフォーム Empyrean Nano エディション発売のお知らせ

ゴニオメータ装備の唯一のSAXS / WAXS装置

スペクトリス株式会社 パナリティカル事業部(事業本部所在地:東京都港区、代表取締役:山田 英美)は、多目的X線散乱プラットフォーム Empyrean Nanoエディションを発売しました。
Empyrean Nanoエディションは、様々なX線散乱技術を組み合わせたハイブリッドラボラトリX線散乱分析装置です。ナノスケールでの構造と寸法だけでなく、原子レベルでのオーダリング、数百ナノメートル範囲での構造特性を、実験データから推測することが可能です。

本装置は、主要なX線散乱技術である超小角X線散乱法(USAXS)、小角および広角X線散乱法(SAXS/WAXS)、生体高分子へのSAXS (bio-SAXS)、全散乱法(原子二体分布関数(PDF)分析)と言った手法の全てを使用できる唯一の装置です。 高分解能ゴニオメータ、アライメント調整済みの高分解能光学部品に基づいたモジュールコンセプト、最新の検出器技術により、高い性能と柔軟性を実現しています。

Empyrean Nanoエディションで分析可能な代表的なサンプルは、ナノ粒子、コロイド、タンパク溶液、界面活性剤、多孔質材、ポリマー、ナノ複合材料、液晶、ガラス等です。

ナノマテリアル分析ソリューション担当のマーケットセグメントマネージャー、Jörg Bolzeは次のように述べています。「Empyrean Nanoエディションは専用機に比べ費用対効果が非常に高く、また将来的に、粉末回析、薄膜分析、CTなどのアップグレードも可能です。」

お問合わせは、E-mail : info.jpn@panalytical.com
またはお電話 TEL:03-5733-9750 までお願いいたします。

詳細については、弊社ウェブサイト Empyrean Nanoエディション 製品ページをご覧ください。

Share this article