法科学

お問い合わせ
PANalytical

法科学

分析装置を使用して微小な痕跡を解明する作業は、今日の法医学研究所で重要な役割を果たしています。また、完全な保管およびデータ管理網も、プロセスのあらゆる段階で必要になります。対象データの信頼性を確保するには、信頼できる分析装置による検証手順が必要不可欠です。

パナリティカルは、非破壊分析の専門家として、蛍光X線(XRF)、X線回折(XRD)、近赤外線(NIR)など、法医学分野で広く使用されているさまざまな手法を提供しています。

主な用途

  • 物質の同定
  • 人工物の照合
  • 偽物質の確認
  • 規制物質の同定と定量分析
  • 不法行為や密売行為の監視
  • 植物/食品/タバコ/土壌由来の識別

独自サンプルの正確な分析

X線回折(XRD)および蛍光X線(XRF)は、非破壊ルーチン分析において重要な分析手法になりつつあります。これらの分析手法により、犯罪捜査に不可欠な相/元素データが、法医学科学者に対して明確な形で提供されます。

パナリティカルの最新のXRDおよびXRFシステムと先進のソフトウェアパッケージおよび専用データベースを組み合わせたソリューションは、世界中の多くの警察機関、公的法医学研究所、大学の法医学部で採用されています。XRDプラットフォームは、一般的な粉末回折、コンピュータ断層投影法(CT)、微小部回折、小角X線錯乱法(SAXS)を組み合わせたものです。

詳細はこちら

XRD とは
物質研究

X線回折とは、構造情報を明らかにする唯一のラボテクニックです。
詳細はこちら

Global and near
PANalytical
全世界で事業を展開

パナリティカルは、60か国以上をカバーする究極の販売・サービスネットワークを展開しています。
詳細はこちら

パナリティカルの主力製品
Zetium
成功に貢献

プロセスの生産性を高めるためにパナリティカルの製品が果たす役割。
詳細はこちら

お問い合わせ
PANalytical
お問い合わせ

さらに詳しい情報が必要な場合は、フォームを使用してお問い合わせください。
詳細はこちら