食品/飲料

お問い合わせ
Food industry, PANalytical

食品/飲料

食品/飲料業界は急速に発展しており、それに伴ってメーカーのニーズも拡大しています。食品検査機関は、規制の厳格化を進めながら食品原料を引き続き監視しています。多くのメーカーは連続生産システムに移行しつつあり、原料、信頼性、関連する安全試験プログラムの強化に取り組み始めています。

このため、品質管理体制を確立して廃棄物を最小限に抑えるために、化学情報を迅速にフィードバックするシステムが求められています。パナリティカルの蛍光X線(XRF)、近赤外線(NIR)、X線回折(XRD)システムは、食品/飲料業界に対応する豊富なソリューションを提供します。

主な用途

  • プレミックスのブレンディング管理
  • 無機栄養素(元素)の定量分析
  • 高速な塩分濃度分析
  • 原料確認と同定
  • 重金属スクリーニング
  • ナノマテリアル研究

XRFを使用した食品生産と品質管理の改善

蛍光X線(XRF)分析は、生産コストを削減するだけでなく、食品の品質改善にも貢献します。XRFを高速生産や連続生産と連携させることで、ボタンを押すだけで分析できる使いやすいシステムを構築できます。ラインの近くにXRF分析装置を設置すれば、結果が数分以内に得られ、速やかに生産工程を変更することができます。また、生産中に高価な微量栄養素と添加物の濃度を測定する監視プログラムを実行することで、大幅なコスト削減を達成できます。

関連アプリケーションノート
その他の関連アプリケーションノート
関連イベント
XRD とは
物質研究

X線回折とは、構造情報を明らかにする唯一のラボテクニックです。
詳細はこちら

Global and near
PANalytical
全世界で事業を展開

パナリティカルは、60か国以上をカバーする究極の販売・サービスネットワークを展開しています。
詳細はこちら

パナリティカルの主力製品
Zetium
成功に貢献

プロセスの生産性を高めるためにパナリティカルの製品が果たす役割。
詳細はこちら

お問い合わせ
PANalytical
お問い合わせ

さらに詳しい情報が必要な場合は、フォームを使用してお問い合わせください。
詳細はこちら