製薬

お問い合わせ
PANalytical

製薬

医薬品の配合と原料は複雑さを増しており、品質管理に対する要求は引き続き厳密になっています。近赤外線(NIR)、蛍光X線(XRF)、X線回折(XRPD)などの高速分析技術は、医薬品製造プロセス全体の価値を高め、廃棄物を削減し、効率を改善します。

これらの技術は、原料物質から医薬品有効成分(API)、賦形剤、最終製品まで、すべての物質タイプを非破壊的に特性分析できるため、この市場では非常に貴重な技術として実証されています。

超高速検出器や画期的な分析ソフトウェアなどの技術的な発展により、X線技術の役割は拡大しています。現在、XRDとXRFは、創薬、開発と配合、製造、品質管理など、多くの分野の価値を高める技術として広く認知されています。

次のようなパナリティカルの総合的な専門知識がお客さまにメリットをもたらします。

  • 総合的で実績のある分析手法であり、21 CFR Part 11 に対応するソリューション
  • IQ、OQ、検証支援(DQ/PQ)を行う社内の専門家
  • PANassist - 時間と場所を問わないグローバルネットワークアシスタンス
XRD とは
物質研究

X線回折とは、構造情報を明らかにする唯一のラボテクニックです。
詳細はこちら

Global and near
PANalytical
全世界で事業を展開

パナリティカルは、60か国以上をカバーする究極の販売・サービスネットワークを展開しています。
詳細はこちら

パナリティカルの主力製品
Zetium
成功に貢献

プロセスの生産性を高めるためにパナリティカルの製品が果たす役割。
詳細はこちら

お問い合わせ
PANalytical
お問い合わせ

さらに詳しい情報が必要な場合は、フォームを使用してお問い合わせください。
詳細はこちら